幸いな人ドットコム
書籍CD&DVDお支払・配送について会社情報セミナーお問い合わせカートの中
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ

注文は24時間可能
営業時間 10:00-17:00
定休日:土日祝祭日


月刊ディボーション誌「幸いな人」 > 幸いな人2017年 > 幸いな人2017年3月号 電子版-PDF
商品詳細

幸いな人2017年3月号 電子版-PDF



商品名 幸いな人2017年3月号 電子版-PDF
販売価格 540円
メーカー 小牧者出版
ポイント 3%

数量:

    
※ 要アクロバット5.0以上 スマートフォンでは、PDF用のアプリが必要です。

(AI) 過去・現在・未来      松田卓也


 
「人工知能」という言葉が初めて使われたのは1956 年のダートマス会議で、ジョン・マッカーシーが使ったとされている。当時はコンピュータが出始めたころで、大きな期待が持たれた。しかしこれは過大評価であり、その期待はすぐについえた。人間の知能はそんなに簡単なものではない。やがて人工知能冬の時代が到来する。
 2010 年代になり、人工知能に3度目の春がやって来た。その理由は3つある。1)コンピュータの発達、2)ビッグデータの蓄積、3)人工知能理論の発達、である。
 今号では、神戸大学名誉教授である松田卓也博士にお話を伺うと共に、現代のSF映画などを通して、人工知能に対して私たちが持つべき認識と、聖書的倫理観について考えていきたいと思います。また、人工知能の発達に伴い、教会はどう変わっていくのか。21世紀の終わりごろの教会の姿を想像し、私たちは、科学技術をどう用いるべきかを考察してみました。。〜本文より〜

今月のディボーション箇所
マルコの福音書10〜13章、歴代誌第一17〜23章、詩篇67篇〜68篇 ほか

人気連載 エッセイ
信仰の景色 …腰に帯を締め、明かりをともそう… ホン・ヨンギ
ささきみつおの一期一会 …信仰とは
感謝日記のススメ …小さなことに感謝しよう